ウェディングドレスとお色直し

お色直しは、新郎新婦が披露宴の中盤で退席し、衣装を変えることをいいます。本来は、純白の白無垢から相手の家に染まるという意味で色打ち掛けの衣装を着るという意味がありましたが、現在では、ウェディングドレスは結婚式の時に着て、披露宴のお色直しでウェディングドレスからカラードレスに変えるカップルが一般的です。

半数以上の花嫁が結婚式と披露宴で2着着用したというアンケート結果があります。

最も多い組み合わせは、ウェディングドレスとカラードレスの組み合わせです。カラードレスは結婚式での純白なイメージから一変して、華やかな雰囲気を演出しゲストに印象付けることが出来ます。

披露宴の演出で、花嫁が何色のカラードレスを来て出てくるかを当てるクイズをしていることもあります。

カラードレスに変えるときに、ドレスに合わせてヘアスタイルやメイク、ブーケも変えることができます。

結婚式でウェディングドレスではなく白無垢を着て、お色直しで色打ち掛けを着ることもあります。
式が神前式の場合は着物を着るのが普通です。

白塗りをしないメイクだったり、髪型も洋髪だったり現代風の白無垢、色打ち掛けもできます。


白無垢からカラードレスにお色直しするパターンもあります。お色直しはせずにヘアスタイルやブーケだけを変えるパターンもあり、ウェディングドレスのみ着用する方は、ドレスにボレロやアクセサリーをつけて雰囲気を変えることで、挙式との違いを演出しています。

ウェディングドレスは結婚式の時に花嫁が着用するドレスです。
一般的には挙式の時に白いドレスを着用し、披露宴の時はお色直しとして、カクテルドレスや着物を着用する方が多いようです。しかしながら、近年ではこのお色直しを行わない方も多くなってきました。

ですが、白いウェディングドレスは女性にとっても憧れのドレスであることが多い為、必ず着用する方が圧倒的に多いです。

今までは結婚式場でレンタルをすることが一般的ではありましたが、現在では専門的なドレスショップも多くなってきましたので、必ずしも結婚式場でドレスをレンタルする必要もなくなっています。


そして、人気が高くなっているのは自分だけのオリジナルウェディングドレスを作成することです。

この事を売りにしている結婚式場もある程、人気が高くなっていますが、レンタルよりも価格は高くなってしまいますので、予算に余裕がある方や記念となるものを残したい方が中心に利用されています。

結婚式場も提携しているドレスショップの数が年々増えてきており、上記の事もあって、かなり多くの種類のウェディングドレスの中から、花嫁は自分が着用したいドレスを選ぶ事ができるようになっています。
ですから、中にはどのドレスにして良いかわからなくなって、数十着もドレスを試着している方もいらっしゃいます。


人生の晴れ舞台でもある結婚式ですから、妥協したくないという気持ちはどんな花嫁でも持っている事です。

納得のいくドレス選びを行って、素敵な結婚式にしましょう。

http://girlschannel.net/topics/keyword/%E7%B5%90%E5%A9%9A%E7%9B%B8%E8%AB%87%E6%89%80
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12114489567
http://matome.naver.jp/odai/2141562225517785101

本当の三重の結婚相談所情報を楽しくお得に利用しましょう。

三国の結婚相談所について気になる方はこちらです。

福島で婚活情報といえばこちらです。

福島で婚活が一般的になってきました。

名古屋の料理教室情報全般について知りたい方のお手伝いをします。